保護プラグイン WorldGuardの使い方

基本的な使い方

主に建物を保護する為に範囲を選択して保護します

このサーバーではチェスト、かまど、建物のドアはLWCの保護を受けることが出来ますが、様々な材質で家を建てたい人はWorldGuardの使い方を覚える必要があります

WorldGuardが使えない人が保護を受けられる家

作業手順

範囲の選択にはWorldEditの木の斧(ワンド)をつかう方法と立っている場所を範囲の対角に設定する方法があります

(木の斧は原則WorldEditの木の斧(ワンド)として扱われるので、普段使いの斧は石の斧以上を使ってください)

  1. First position(始点)を指定します
    木の斧で左クリック(破壊の方)をしたブロックの座標が指定されます
    またはコマンド「//pos1」を打ったときに立っているブロックの座標が指定されます
    (もし既にSecond positionを指定していた場合、画像のように最後に範囲内にあるブロック数が出てきます)

地上に家を建てる場合でも少し地下まで範囲指定すると良いかもしれないです

白い羊毛ブロックにFirst positionを設定する様子
  1. Second position(終点)を指定します
    木の斧で右クリック(設置の方)をしたブロックの座標が指定されます
    またはコマンド「//pos2」を打ったときに立っているブロックの座標が指定されます
    (もし既にFirst positionを指定していた場合、画像のように最後に範囲内にあるブロック数が出てきます)
ピンクの羊毛ブロックの位置にSecond positionを設定する様子
  1. 領域を保護します
    チャット欄を開いて(tキー)コマンド「/region claim 保護エリアの名前 自分の名前」を入力しEnterを押します

    「A new region has been claimed named ‘保護エリアの名前’.」という黄色メッセージが来た場合、保護されます。

    「A region with that name already exists. Please choose another name.」という赤色メッセージが来た場合、ほかの領域と同じ名前のため、保護できていません。
    チャット欄で上(↑)下(↓)キーをおすと過去に使ったコマンドを確認できるので名前を変えて再チャレンジしてください。
範囲を保護する為にコマンドを入力し、保護された様子
  1. 追加のオーナーやメンバー、フラグを設定する
    これらを設定して、自分の領域だけの特別な設定を反映できます
    領域を開放したり、逆に閉鎖したり、いろいろな使い方が出来るでしょう

コマンド一覧

コマンド説明出来る人
/region claim [保護領域の名前] [自分のminecraft名]指定した領域を保護します。Player
/region define [保護領域の名前] [自分のminecraft名またはその土地のオーナー名]指定した領域を保護しますAdmin
/region redefine [保護領域の名前]自分がオーナーの保護領域の再設定。範囲を広げたいときなど。Player
領域のオーナー
/region select領域の選択する。Player
領域のオーナー
領域のメンバー
/region addmember [保護領域の名前] [追加したいプレイヤー名]指定した保護領域のメンバーに指定プレイヤーを追加。Player
領域のオーナー
/region addowner [保護領域の名前] [追加したいプレイヤー名]指定した保護領域のオーナーに指定プレイヤーを追加。
プレイヤー名の部分にg:PermissionsEXのグループ名にすると、PermissionsEXのグループで指定することも可能。
Player
領域のオーナー
/region removemember [保護領域の名前] [削除したいプレイヤー名]指定した保護領域のメンバーから指定プレイヤーを削除Player
領域のオーナー
/region removeowner[保護領域の名前] [削除したいプレイヤー名]指定した保護領域のオーナーから指定プレイヤーを削除Player
領域のオーナー
/region delete [保護領域の名前]
/region remove [保護領域の名前]
指定した保護領域を削除Player
領域のオーナー
/region info [保護領域の名前]指定した保護領域の情報を表示Player
/region list <ページ番号> <-w [ワールド名]> <-p [プレイヤー名]>保護領域の一覧表示Player
/region setparent [保護領域の名前] [親保護領域の名前]既存保護の親を設定。親保護エリア名を空にすれば解除される。Player
領域のオーナー

フラグ一覧

コマンド説明出来る人
/rg flag [保護エリアの名前] [フラグの名称] [フラグの状態]保護領域内のフラグ設定領域のオーナー
フラグフラグの状態
allow許可
deny無効
bypassフラグの設定に関わらず許可
フラグ名称説明標準
build保護領域内でオーナーとメンバー以外が建築できるdeny
chest-access保護領域内でオーナーとメンバー以外がチェストを開けられるdeny
vehicle-place保護領域内のオーナーとメンバー以外の乗り物を設置出来るdeny
vehicle-destroy保護領域内のオーナーとメンバー以外の乗り物を除去出来るdeny
block-break保護領域内でオーナーとメンバー以外がブロックを破壊出来るdeny
block-place保護領域内でオーナーとメンバー以外がブロックを設置出来るdeny
damage-animals保護領域内で友好的な動物への攻撃が出来るdeny
ride保護領域内でMOB(動物を含む)を乗り物に乗せるbypass
use保護領域内のオーナーとメンバー以外のドア/ボタン/レバー/感圧版などの使用bypass
sleep保護領域内での睡眠allow
lighter保護領域内での火打石の使用allow
fire-spread保護領域内での火災の広がりallow
lava-fire保護領域内での溶岩での火災allow
lightning保護領域内での落雷allow
pvp保護領域内でのPVPallow
water-flow保護領域内での水の流れallow
lava-flow保護領域内での溶岩流allow
ice-form保護領域内の水が氷になるallow
ice-melt保護領域内の氷が融解するallow
snow-fall保護領域内に雪が積もるallow
snow-melt保護領域内の雪が融解するallow
leaf-decay保護領域内の葉崩壊allow
tnt保護領域内でのTNT爆発allow
enderman-grief保護領域内でのエンダーマンによるブロック抜き去りallow
enderpearlエンダーパールを利用して保護領域内への侵入allow
enderdragon-block-damageエンダードラゴンによる地形ダメージallow
ghast-fireball保護領域内でのガストのファイヤーボールの地形/プレーヤーダメージallow
creeper-explosion保護領域内でのクリーパー爆発による地形/プレーヤーダメージallow
other-explosion保護領域内でその他のMOBによる地形/プレーヤーダメージallow
mob-spawning保護領域内でのMOB発生allow
mob-damage保護領域内でのMOBからのダメージallow
pistons保護領域内でのピストンの利用allow
grass-growth保護領域内での草ブロックの伝達allow
mushroom-growth保護領域内でキノコの成長allow
mycelium-spread保護領域内での菌糸の伝達allow
soil-dry保護領域内での土壌の乾燥allow
invincible保護領域内でプレイヤーが無敵allow
send-chat保護領域内でのチャットの使用allow
receive-chat保護領域内でのチャットの受信allow
potion-splash保護領域内でのスプラッシュポーションの効果allow
entity-item-frame-destroyMOBによる額縁の破壊allow
entity-painting-destroyMOBによる絵画の破壊allow
item-pickup保護領域内でアイテムを拾うallow
item-drop保護領域内でアイテムを捨てるallow
exp-drop保護領域内で経験値の獲得allow
deny-message [メッセージ]保護領域内での行動を拒否されたプレイヤーへのメッセージ
entry保護領域内への侵入allow
exit保護領域の外へ出るallow
greeting [メッセージ]領域に入った時のメッセージ
例:/flag [領域名] greeting [メッセージ]
%name%!で領域に侵入してきた人の名前が表示されます。
farewell [メッセージ]領域を出た時のメッセージ
deny-spawn [MOB name1,MOB name2,…]指定したMOBの領域内でのスポーン
例:/rg flag deny-spawn SKELETON, CREEPER, ZOMBIE, …
heal-delay [整数]体力回復速度の時間を秒単位で設定
heal-amount [整数]1回あたりの体力回復量の設定。10でハート半分
heal-min-health [整数]最小体力値
heal-max-health [整数]最大体力値
feed-delay [整数]満腹度回復速度の時間を秒単位で設定
feed-amount [整数]1回あたりの満腹度回復量を設定。10で半分
feed-min-hunger [整数]最小満腹度
feed-max-hunger [整数]最大満腹度
teleport [here または x,y,z]テレポートポイントに設定。
/rg tp [保護エリア名]でテレポート
spawn保護領域内で死亡した時のスポーンポイント
blocked-cmds [コマンド1,コマンド2,…]指定したコマンドの使用を無効化
allowed-cmds [コマンド1,コマンド2,…]指定したコマンドのみ使用許可
send-chat領域内でのチャットの送信allow
receive-chat領域内でのチャットの受信allow
notify-enterオーナーとメンバー以外が保護領域内に入った時通知するかdeny
notify-leaveオーナーとメンバー以外が保護領域から出た時通知するかdeny

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください